基本情報技術者試験情報

平成25年度試験

試験名

基本情報技術者試験(FE)

[ Fundamental Information Technology Engineer Examination ]

試験日程

年2回

  • 春期:4月第3日曜日
  • 秋期:10月第3日曜日

願書受付

  • 春期:1月上旬から2月上旬
  • 秋期:7月上旬から8月上旬

合格発表

  • 春期:5月下旬
  • 秋期:11月下旬

受験料

5,100円

受験資格

特になし

試験時間

午前:2時間30分 午後:2時間30分

プログラム言語は、C・COBOL・アセンブラ・Java・表計算から選択

出題形式

午前:四肢択一(80問) 午後:多肢選択式(13問中7問解答)

試験会場

地方 試験地
北海道 札幌、函館、帯広、旭川
東北 青森、盛岡、仙台、秋田、山形、郡山
関東 水戸、土浦、宇都宮、前橋、埼玉、千葉、柏、東京、八王子、横浜、藤沢、厚木
中部 新潟、長岡、富山、金沢、福井、甲府、長野、岐阜、静岡、浜松、名古屋、豊橋
近畿 四日市、滋賀、京都、大阪、神戸、姫路、奈良、和歌山
中国 鳥取、松江、岡山、広島、福山、山口
四国 徳島、高松、松山、高知
九州 福岡、北九州、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

試験概要

1.対象者像

情報技術全般に関する基本的な知識・技能をもつ者(情報システム開発プロジェクトにおいて、プログラム設計書を作成し、プログラムの開発を行い、単体テストまでの一連のプロセスを担当しているか、将来、そのような業務を担当する者を含む)

2.役割と業務

情報システム開発プロジェクトにおいて、内部仕様に基づいてプログラムを設計・開発する業務に従事し、次の役割を果たす。

  1. 情報技術全般に関する基礎的な知識を活用し、システム開発プロジェクトの一員として貢献する。
  2. 与えられた内部設計書に基づいて、上位技術者の指導のもとにプログラム設計書を作成する。
  3. 標準的なアルゴリズムやデータ構造に関する知識に基づいて、プログラムを作成する。
  4. 作成したプログラムの単体テストを実施する。
3.期待する技術水準

情報技術全般に関する基礎的な知識を活用し、情報システム開発においてプログラムの設計・開発を行うとともに、将来高度な技術者を目指す者として、次の知識・技能が要求される。

  1. 情報技術全般に関する基本的な用語・内容を理解している。
  2. 上位技術者の指導のもとにプログラム設計書を作成できる。
  3. プログラミングに必要な論理的思考能力をもつ。
  4. 一つ以上のプログラム言語の仕様を知っており、その言語を使ってプログラムを作成できる。
  5. プログラムのテスト手法を知っており、単体テストを実施できる。

情報処理術者試験に関する 問い合わせ先

独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター

〒113-8663 東京都文京区本駒込2-28-8

文京グリーンコートセンターオフィス15階

TEL 03-5978-7600(代表)

www.jitec.jp

基本情報技術者試験関連お役立ちリンク
  • 情報処理技術者センター
    基本情報技術者・ITパスポートなどの情報処理技術者試験の主催者です。
    www.jitec.jp/
  • T資格情報提供の部屋(pafu)
    情報処理技術者試験の配点予想と合格ラインの算出。午前・午後の解説と今後の出題傾向分析。
    www5f.biglobe.ne.jp/~pafu/
  • KIKIの情報処理試験の部屋(www.kikiroom.com/
  • のんびりやろう!情報処理技術者!( www.shunzei.com/
  • 基本情報技術者試験の合格体験記( inagara.boo.jp/jouhousyori/
  • IT研究所(itlabo.heteml.jp/
  • 教育訓練給付制度
  • 資料請求