ファイナンシャル・プランナー試験情報

fp試験 fp試験 fp試験
fp試験 fp試験 fp試験
fp試験
fp試験
fp試験
AFP資格とは

ファイナンシャル・プランニングを行う基本的な技術と知識を持ち、適切なアドバイスと提案書の作成ができることを証明する、日本FP協会認定の国内ライセンスです。2級FP技能検定(AFP)合格と日本FP協会へのAFP登録は上級資格のCFP受験の必須要件でもあります。

AFPの資格は「2級FP技能検定」試験を兼ねて実施されます。下記の「研修受講・提案書の合格」をされている方は、「2級FP技能検定」に合格すると、同時に「AFP」の合格となります。

AFP取得までの流れ
受講申込
AFP取得のためには日本FP協会が認定する講座を申し込む。
研修の受講
日本FP協会が認定する講座(TACのFP講座は日本FP協会認定講座)を受講
提案書の作成
研修の受講とともに提案書の作成と合格が受験の要件。作成にある程度時間はかかるが、一度提案書に合格しているのであまり心配は要らない。逆に不合格の場合は研修受講開始から1年以内に提案書合格ができないと、研修の受講からやり直しとなるので注意。
研修修了 証明書の発行
研修の受講、提案書の合格とともに、受講している研修機関から「研修修了証明書」が発行される。
願書提出
日本FP協会、もしくは金融財政事情研究会に願書と研修修了証明書の写し又は願書に受講者番号を記載して提出。
2級FP技能検定の受検
2級のFP技能検定はAFP資格審査試験を兼ねている。
合格 合格すると「AFP」「2級FP技能士」の両資格が取得できる。

※AFP資格取得のためには、合格後、日本FP協会への登録が必要。2級FP技能士は登録の必要なし。

 

3級FP技能検定概要

 

受験資格

  • 特になし

試験実施団体

金融財政事情研究会・日本FP協会

試験月

年3回(1月・5月・9月)

願書受付

  • 1月試験:11月中旬~12月上旬
  • 5月試験:3月中旬~4月上旬
  • 9月試験:7月上旬~7月下旬

試験範囲

学科試験

ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、 不動産、相続・事業承継

実技試験

次の科目から1つ選択

〔金融財政事情研究会実施〕
  • 個人資産相談業務
  • 保険顧客資産相談業務
〔日本FP協会実施〕
  • 資産設計提案業務

出題形式

学科試験

筆記試験(マークシート方式) ○×式・3答択一式 
60問/120分(10:00~12:00)

実技試験
  • 〔金融財政事情研究会実施〕筆記試験(事例形式) 5設問程度/60分(13:30~14:30)
  • 〔日本FP協会実施〕20問程度/60分(13:30~14:30)

合格発表

試験日の約1.5ヶ月後

合格基準

学科試験

60点満点で36点以上

実技試験

〔金融財政事情研究会実施〕 50点満点で30点以上

〔日本FP協会実施〕 100点満点で60点以上

受験料

  • 【学科試験】3,000円
  • 【実技試験】3,000円

 

2級FP技能検定概要(兼AFP審査試験)

 

受験資格

  • 3級FP技能検定合格
  • FP業務に関して2年以上の実務経験を有する者
  • 日本FP協会認定研修を修了した者
  • 金融渉外技能審査3級合格者

試験実施団体

金融財政事情研究会・日本FP協会

試験月

年3回(1月・5月・9月)

願書受付

  • 1月試験:11月中旬~12月上旬
  • 5月試験:3月中旬~4月上旬
  • 9月試験:7月上旬~7月下旬

試験範囲

学科試験

ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、 不動産、相続・事業承継

実技試験

次の科目から1つ選択

〔金融財務事情研究会実施〕
  • 個人資産相談業務
  • 中小事業主資産相談業務
  • 生保顧客資産相談業務
  • 損保顧客資産相談業務
〔日本FP協会実施〕
  • 資産設計提案業務

出題形式

学科試験

筆記試験(マークシート方式) ○×式・3答択一式 
60問/120分(10:00~12:00)

実技試験

筆記試験(記述式) 記述式には択一/語群選択/空欄記入形式を含む

〔金融財政事情研究会実施〕

事例形式(記述式)5設問程度/90分

〔日本FP協会実施〕

記述式40問/90分(13:30~15:00)

合格発表

試験日の約1.5ヶ月後

合格基準

学科試験

60点満点で36点以上

実技試験

〔金融財政事情研究会実施〕 50点満点で30点以上

〔日本FP協会実施〕 100点満点で60点以上

受験料

  • 【学科試験】4,200円
  • 【実技試験】4,500円

 

1級FP技能検定概要

 

受験資格

学科試験
  • 2級FP技能検定合格
  • 金融渉外技能審査2級合格者で1年以上のFP実務経験を有する者
  • FP業務に関して5年以上の実務経験を有する者
実技試験
  • 1級学科合格者
  • 日本FP協会CFP認定者及び合格者

試験実施団体

金融財政事情研究会・日本FP協会

試験月

学科試験
  • 金融財政事情研究会(1月・9月)
実技試験
  • 金融財政事情研究会(2月・6月)
  • 日本FP協会(9月)

試験範囲

学科試験

ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、 不動産、相続・事業承継

実技試験

次の科目から1つ選択

〔金融財務事情研究会実施〕
  • 資産相談業務
〔日本FP協会実施〕
  • 資産設計提案業務

出題形式

学科試験
  • 基礎編 4答択一式(マークシート方式) 50問/150分
  • 応用編 記述式 事例形式5設例程度/150分
実技試験
〔金融財政事情研究会実施〕

口頭試問形式

〔日本FP協会実施〕

筆記試験/記述式(2題/120分)

合格発表

試験日の約1.5ヶ~2月後

合格基準

学科試験

200点満点で120点以上

実技試験

〔金融財政事情研究会実施〕 200点満点で120点以上

〔日本FP協会実施〕 100点満点で60点以上

受験料

学科試験

8,900円

実技試験

〔金融財政事情研究会実施〕25,000円

〔日本FP協会実施〕20,000円

試験に関する問い合わせ先

<各試験実施団体のホームページには、過去の本試験問題と解答が掲載されています。>

 

日本FP協会

〒105-0001東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス5F

TEL 03-5403-9700

www.jafp.or.jp/

 

金融財政事情研究会

〒160-8529 東京都新宿区荒木町2-3

TEL 03-3358-0771

www.kinzai.or.jp/ginou/fp/index.html

  • 教育訓練給付制度
  • 資料請求