資格試験に立ち向かう受験生へ 2015

資格試験に立ち向かう受験生へ 2015

TAC株式会社 斎藤博明 学院長より

 

image

 

 

チャンスには、前髪しかない。

 

1. チャンスはキューピーと同じ前髪しかない。だからチャンスがきた時には、

  素早く捕まえないといけない。何もせずに機会を逸して後悔するより、

  挑戦して後悔した方がよい。

 

2. ビジネスと人生は、やってみないとわからないことが多い。山は登ってみて、

  初めて、その高さを知ることができる。川は渡ってみて初めてその深さを

  知ることができる。

 

3. 人生には、いま、ここでとことん頑張ると次につながると思える時がある。

  その時は、力の出し惜しみをせずに、とことん頑張り、人の3倍努力する。

 

4. 河の河口では、てんでがしのぐ。河口は流れが速く、人に頼ると、

  頼られた人も溺れてしまうので、自力で泳ぎ切る。

 

5. どんなに実力があっても、合格しない限りタダの人だ。

 

6. 自力で稼げる人になる。自分の運命は自分で拓く。

 

7. ギリギリの場面では、ゼロから考え直し、直感で判断する。

  日頃から直観力を高める訓練を積んでおく。

 

8. 何事も、最初に結論を決める。試験に何時合格するかを自分で決める。

  次に、そのためにどうすればよいかを逆算で自分で考え、実行に移す。

 

9. 今年が最後だと思って受験しても、不合格になった場合には、簡単に諦めない。

  実力があるのなら、あと一年だけ受験を続けるべきだ。

  「ある所まで追い込み先が見えるのなら、後は、手に入れるまでやり続ける」

  ことが正しい選択になる。かつて受験生だった私は、諦めずに続ける選択を

  したことで翌年合格し、人生をつなげることができた。

  あなたも先が見える所まで追い詰めたのなら、後は続けるのが正しい。

 

10. 病気になり、体が不自由になった時が人生最大のピンチの時になる。

  最後に頼りになるのは家族しかいない。日常から家族に心を配り、

  良好な関係を築いておくことが人生の要締になる。

 

11. 大変なことやつらいこと、想定外のことが起こるのが人生だ。それを

  ひとつひとつ乗り越えて成長していけることが人生の豊かさになる。

 

12. 試験でも人生でも、最後の一瞬まで可能性を信じて闘う。

  最後の一秒で勝つことも、負けることもある。

 

13. 夢を見続けると、本当に実現する。

 

14. 諦めは負けに通ずる。

 

 

—————————————————————————————合格祈願

2015年 TAC株式会社 代表取締役社長 斎藤博明

 

 

 


この記事のコメント

  1. 山口正夫 より:

    4.河の河口では、てんでがしのぐ。とは、どういう意味でしょうか?てんでわかりません。

    • tac_kanazawa より:

      山口正夫さま
      質問いただきありがとうございます。
      質問についての回答ですが、
      『てんで』という意味は、各自(個々)という意味があります。
      各自(個々)で凌いで大変な資格試験を乗り越えていきましょう!
      という
      斎藤学院長の激励も込めた熱いメッセージとなっております。(岡本)

コメントを残す





2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最新のブログ記事

月別記事一覧

カテゴリー別記事一覧